ごぼう茶のポリフェノールに隠されている3つのヒミツとは?

figi
 
ごぼう茶に若返り効果があるとか、アンチエイジングのための
お茶などと言われていますが、
 
 
そのように言われるのはごぼう茶に含まれる
 
 
「ポリフェノール」
 
 
にあるのです。
 
 
ところで、ポリフェノールというのはたくさん種類が
あるというのはご存知でしょうか?
 
 
じつはポリフェノールというのは一つではないのです。
数千種類もあると言われています。
 
 
その中で、ごぼう茶入っているアンチエイジングのための
ポリフェノールとは、おもに以下の成分になります。
(実際にはもっとたくさんのポリフェノールが含まれています)
 
 

ごぼう茶に含まれるポリフェノール

 
 
antik
 
ポリフェノールにはたくさんの種類がありますが、
すべてのポリフェノールに共通するのは「抗酸化作用」です。
 
 
酸化を防ぐ、つまりアンチエイジング効果が期待できるのです。
 
 
【クロロゲン酸】
 
クロロゲン酸には、糖質の吸収を抑制する効果があります。
そのため、血糖値の急激な上昇を防いでくれるのです。
 
 
【アルクチゲニン】
 
アルクチゲニンには、抗腫瘍効果があると言われています。
最近ではすい臓がんに有効であるという
科学的エビデンスも得られて、注目されている成分です。
 
 
【タンニン】
 
タンニンというと、歯への色素沈着であまり良い
イメージがないかもしれませんが、
殺菌作用があります。(柿渋などが有名ですね)
 
 
じつはタンニンにはそれだけでなく、脂肪燃焼効果が
あると言われています。運動前後の水分補給に
ごぼう茶を摂ると実感しやすいのではないでしょうか。
 
 
※サポニン
これはごぼうには含まれていると言われていますが、
実際ははっきりと検出されているという科学的な
データがありません。
 
 
サポニンには主に脂肪を分解する、という効果あると
言われています。入っていると期待したいですよね^^
 
 

ごぼうをお茶にすることで手軽に吸収できる!

 
 
goobo
 
美容やダイエットをサポートしてくれる
ポリフェノールがふんだんに含まれているごぼうですが、
 
 
そのまま食べるよりもお茶にした方が
よりお手軽に摂取することができます。
 
 
もちろんごぼうそのまま丸ごとを加工しているので
栄養価が落ちるということはありません。
 
 
ポリフェノールを効率良く摂取して
キレイにダイエットを行いましょう。
 
 
>>ポリフェノールいっぱいのごぼう茶の詳しい内容

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ