南雲先生がアンチエイジングにごぼう茶を勧める理由とは?

nagumo
 
30代の時よりも60歳になった現在の方が身も心も
若返ったことで話題の医師、南雲吉則先生。
 
 
その南雲先生が劇的なアンチエイジングに成功したのには
 
 
「1日1食」
 
 
というルールを課しているからです。
 
 
空腹の状態を作ってあげることで、サーチュイン遺伝子が働きはじめて
細胞の代謝がアップすると言われています。
 
 
ただ、夜だけ食べる1日1食と言っても、水分の補給はきちんとしています。
南雲先生はその水分補給にごぼう茶を選んでいます。
 
 
なぜごぼう茶を飲んでいるのでしょうか?
 
 

ごぼう茶がアンチエイジングに適している理由

 
 
fdas
 
水分補給だけであれば、水や白湯でもいいし、緑茶や麦茶など
いろいろな飲み物がありますが、あえてごぼう茶を
選んでいるのには理由があります。
 
 
それは、

【理由その1】
ごぼう茶には、利尿作用があるのでむくみを取ってくれる

 
 
見た目で(あ、この人老けてる・・・)と感じてしまう
理由の一つに顔がむくんでいる(太っている)ということが
挙げられます。
 
 
単純に太っていると思っていても、余分な水分を
排出することでじつはスッキリ小顔になることがあるのです。
 
 

【理由その2】
食物繊維が豊富なので、腸内がキレイなるデトックス効果がある

 
 
イヌリンという食物繊維が含まれているため、
腸内環境を整えてくれます。ごぼうは他の野菜などよりも、
食物繊維が豊富に含まれていることがわかっています。
 
 
余分なものを溜めまない体質になることが、若返りの秘訣ですね。
 
 
ごぼう茶
 

【理由その3】
ノンカフェインだから身体に負担がかからない

 
 
緑茶や紅茶、烏龍茶などにはカフェインが含まれています。
カフェインで得られる恩恵もあるのですが、飲み過ぎると
胃が荒れるなどのデメリットもあります。
(とくに自律神経の乱れを招くことが一番危険です)
 
 
南雲先生は空腹時など、1日に数杯ごぼう茶を飲むのですが、
胃に何も入っていない時にもノンカフェインだから安心して
飲めるということで、愛飲しているのです。
 
 

ごぼう茶はむくみを気にしている人にピッタリ!

 
 
pokko
 
以上のように、ごぼう茶はリスクなくむくみ解消目指す人には
うってつけのお茶です。
 
 
南雲先生のように、年齢に反比例するように若返りを
目指すなら、まずはカンタンに取り入れられることを
マネてみるのもいいと思います。
 
 
南雲先生のように、1日1食というのは
さすがにできないかもしれませんが、
ごぼう茶を飲んでみるということならすぐにできるますからね。
 
 
>>南雲先生がおすすめのごぼう茶はコチラ

 
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ